札幌陸協

ごあいさつ

2018年度を振り返って

会 長 品 田 吉 博

9月6日に発生した北海道胆振東部地震により、犠牲になられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げますとともに、被災されました皆様とそのご家族、関係者の皆様に心からお見舞い申し上げます。一日も早い復旧と平常の生活を取り戻すことができますよう、お祈り申し上げます。

さて、今年度も40を超える当協会事業を無事に終えることができました。まだまだ雪多い3月、「つどーむ」での小中学生を中心に千名を超える参加者の下に開催された室内大会を皮切りに、4月連休からの記録会、ロードレース大会等々と9月末日までに毎週末はほぼ競技会が開催されました。ひた向きに競技に向かう選手たちの姿、真剣に審判業務をこなす審判員の姿、丁寧にコーチングされている指導者の姿を見るにつけ、会員各位の献身的なご支援ご努力に深く感じ入り、感謝の念を禁じ得ませんでした。会員の皆様はもとより、当協会を支えていただきました大勢の協賛各社の皆様や関係団体の皆様のご厚情、ご支援に深く感謝とお礼を申し上げます。

今年、大勢の選手が活躍した中から特筆すべき強く印象に残ったこととして、8月インドネシアで開催されたアジア大会において、当協会所属選手として育った5名もの選手たちが参加し活躍したことが挙げられます。日本選手権で御家瀬緑選手(恵庭北高、ハイテクAC)が女子100mで高校2年生として見事4位入賞を果たし、高校生で唯一アジア大会日本代表に選出され、400mリレーで5位入賞を果たしました。そして、右代啓祐選手(札第一高、国士舘大教員)が10種競技で優勝、小池祐貴選手(立命館慶祥高、慶應大、ANA)が200mで優勝、城山正太郎選手(函大有斗高、東海大札幌、ゼンリン)が走幅跳で5位入賞、福島千里選手(ハイテクAC、セイコー)が100mに出場と素晴らしい活躍を見せてくれました。また、全日本実業団選手権大会において小南拓人選手(札第一高、国士舘大、筑波銀行)がやり投げで80m18の日本歴代7位の好記録を出し優勝しています。中学、高校と選手たちを育てあげた指導者のご努力を称えるとともに、間近に迫った“2020東京”に向かって更なる活躍を期待しております。

一昨年に立ち上げた、2020東京オリンピックに向けた「札幌選手強化育成基金」もお陰様を持ちまして多くの個人の皆様やご協賛各社からご支援をいただいており、心より感謝申し上げます。強化練習や指導者支援、該当選手の大会支援等に使わせていただいており、札幌からオリンピック選手を輩出すべく、協会員一丸となって進んでまいります。

結びとなりますが、審判会員の皆様には次年度に向けて、審判技術の向上を目指し研鑽を積まれるようお願いするとともに、選手、指導者の皆様には、来シーズンの飛躍に向かって冬季練習をしっかりと積まれるようお願いいたします。30年続いた「平成」の幕が下り、新たな元号のもとでも平和を願いながら、スポーツを通して「健康で豊かな社会づくり」に貢献して行けるよう、力を合わせ頑張っていこうではありませんか。

選手の成長を見守りながらご支援いただいた審判各位をはじめ、大勢のご支援いただいた皆様に改めまして心より感謝を申し上げ、ご挨拶と致します。

 

札幌陸協旗

札幌陸協旗

2017年・2018年 一般財団法人札幌陸上競技協会役員

会     長 品田 吉博(代表理事)
副  会  長 恩村 一郎  澤田 義盛  志田 幸雄  蓑嶋 和央
専 務 理 事 玉井 清史
副 専 務 理 事 中村冨士雄
常 務 理 事 赤松 幸広  井上 晃男  井上 智雄  遠藤 典康  小川 秀一
斉藤 一幸  志田 光瑞  安岡 行雄
理     事 安曇 範子  大町 和敏  岡村美穂子  小西 淳一  坂井 秋人
佐藤 光司  杉谷  透  竹居田幸藏  竹田 安宏  谷  知樹
中島 正樹  早崎  勝  日裏 徹也  平野 伸也  古田  仁
南山 雅礼  山岸 正直
連 絡 理 事 井川 雄人(学連)
監     事 高野 洋史  田川 芳紀
評  議  員 角谷  信  金子 博之  小島 修二  小山 道雄  里村美喜夫     
杉山 喜一  世良田弘治  中川 秀樹  原田 隆康  宮本 眞二
顧     問 岩本 剛人  勝木 省三  加納 一美  髙見 新造  藤井 英嘉
参     与

青山 清美  薄   昇  小田島昭雄  加藤 丈詞  北村 忠雄     
木村  潔  楠  貞夫  清水 安次  清水喜八郎  髙橋 國男     
楯石 英雄  津田 坦幸  日野 長蔵  藤石 文平  依田 芳吏

事  務  局 事 務 局 長 玉井 清史(専務理事)
事 務 局 次 長 中村冨士雄(副専務理事)
事  務  員 岩間 富子

2017年・2018年一般財団法人札幌陸上競技協会専門委員会

総務委員会 委 員 長 中村冨士雄(※副専務理事兼務)
財務委員会 委 員 長 蓑島 和央(※副会長兼務)
競技委員会 委 員 長 遠藤 典康
審判委員会 委 員 長 小川 秀一
記録委員会 委 員 長 井上 晃男
施設委員会 委 員 長 安岡 行雄
強化委員会 委 員 長 赤松 幸広
普及委員会 委 員 長 井上 智雄
情報委員会 委 員 長 斉藤 一幸
広報委員会 委 員 長 志田 光瑞
▲ページのトップへ
一般財団法人 札幌陸上競技協会
〒064-0931 札幌市中央区中島公園1番5号 札幌市中島体育センター内
電話・FAX : (011)-532-2471 ご意見ご感想はこちら(メール)まで。

HOME大会日程大会要項大会結果札幌記録札幌陸協専門委員会フロスト札幌リンク